ヨーロッパ
北米
インド&中東
アジア&オーストラリア
M·A·C アーティストのバックステージ、セット、舞台裏。オールスタープロである彼らの人物や背景をご紹介。彼らの秘密を探り、仕上がり、テクニックにさらなる磨きを。
南米

GREGORY A

カリフォルニアのウェストチェスターで生まれ育ちました。ロサンゼルス国際空港とビーチにとても近くて、まるできらびやかで華やかな郊外のような場所! 15歳の時にバスの乗り方を覚えてメルローズ アベニューまで行き、当時は80年代で…たくさんのパンク、ニューウェーブ、ゴス系の人たちがストリートに溢れていたのを見たんだ。パンクショップは大はやりで、みんなとてもカラフルなファッションに身を包んでいたね。もちろん偽のIDを使って、女の子たちよりもメイクしてナイトクラブに出入りしてたよ!

二人の姉と母がメイクしているのを見ていたこと! 11歳の時に父が、フォトグラファー、フランチェスコ・スキャヴロの、70、80年代のトップモデルたちのグラマーな姿を撮った写真集を見せてくれたこと。そしてもちろん、80年代まだ子供だった頃、ボーイ・ジョージとニナ・ハーゲンにも夢中だったこと。

いつもクリエイティブで、おもしろく美しい人たちとパーティにいるような気分で過ごしているね。日々同じことの繰り返しではなく、いつも何か新しくエキサイティングなことが起こるっていう気分だよ! テリー・バーバーはこんな素晴らしいことを言っている「で仕事をすることはStudio 54で働くことと同じだ!!!!」

イマジネーション。それは無限の可能性があるもの。

僕は多くのセレブリティと一緒に仕事をしたり、パリ、ミラノ、ニューヨークのファッションショーでのキーアーティストを担当したり、そして世界中の一流メイクアップ アーティストたちのマスタークラスの指導者にもなる、いわゆる"なんでもこなす"アーティスト。セレブリティとの仕事は、映画俳優からテレビスターまで、そして写真撮影から映像の撮影まで広範囲に渡る。素晴らしい経験は、ディタ・フォン・ティースと共に日本に10日間滞在したことや、フラン・ドレッシャーから彼女のホーム・コメディショーのメイク担当を任されたこと。そしてキャリア最大のハイライトはシェールと仕事をしたこと。子供の頃、親に頼んで夜中まで起きて見ていたあのスターに、数年後には、彼女のラストツアー、そしてラスべガス・シーザーズ・パレスショーのためのメイクをしているなんてね!

大賛成! 自分もしているよ! プロ ロングウェア コンシーラーを目の下のクマやくすみ、しみのある部分に少しだけ入れ、少量のブロット パウダーで余分な皮脂やテカリをおさえ、ブロンザーをチークとこめかみにほんの少しいれること。それが“健康的”に見せるコツ。

Read More