ファビアナ・ゴメス

ブラジル
キャリアスタート2002年

アーティストについて

シニア アーティスト ファビアナ・ゴメス 

常に忙しく走り回る彼女は、自身のスタイルを”アーバンでシンプル”と描写する。ペースの速い生活を送るのは、彼女の故郷、ブラジルで最も大きな都市サンパウロ。「自分にメイクをする時間がなくて、いつもタクシーや飛行機の中でやってるの。」と彼女は語る。定番のルックは、磨かれたような艶のある肌とレッドリップ。また国内外のストリートでリップを滲むようにのせるクラシックなルックを最近見かけることに嬉々とする彼女が、目元を強調したり、自然な輝きを与えたり、また昼のルックから夜のルックへ変身させる秘訣について語る。

リップ・リップ・リップ

「最近ではなんでもリップ、リップ、リップね。ブラジルの女性ってリップ中毒よ! ピンクでも、コーラルでもレッドもいいの。肌は必ず自然にみえなければだめ。女性はみな「なんてきれいな肌なんだ!」って言われたいわけで、決して「どのファンデーションを使ってるの?」なんて言われたくないものよ。ブロンジング製品はマストアイテム。陰影を入れて頬骨を強調するのに使えるわ。リファイン ゴールデンはわずかな光沢感を与えてくれる素晴らしいカラーよ」。

シティ・スモーク

「私のメイクスタイルはとてもアーバンでシンプル。顔のパーツを強調するのが好きね。レッドリップがないとまるで裸にされた気分になるの - ロシアン レッドがキングよ - そしてスモーキーアイのポイントは、アイ コール スモルダー、ターニッシュやテディと、オート & ノーティ ラッシュをたっぷりつけること。昼のルックから夜のルックへと変えるには、ブラックにゴールドパールが輝く色が本当に素晴らしいプロ ロングウェア フルイッドライン ブリッツ & グリッツを。クラシックで洗練されているわ! それに#242 シェーダー ブラシを使えば、より強烈なスモーキーアイに仕上がるわね」。

ライト、カメラ、アクション!

「以前パリで、とても素敵なブラジル人女優の撮影したことがあるの。彼女の眉を太く、高い位置へ変身させたのよ。Impeccable Brows(*日本未発売)とM·A·C アイ ブロウを組み合わせる、というアイデアが功を奏して、とてもファッショナブルなルックに仕上がったの。さらにその眉に合わせて、グラマーなレッドリップをリップスティック ロシアン レッドとCremestick Liner Red Enriched(*日本未発売)で演出して。まるで現代の女王のようなルックが出来上がったわ! 衣装はすべて赤で統一: ドラマティックに、グラマーに、そして美しく!」

Artist Faves: Fabiana G